トピックス

三菱地所、グループ社員向けの独身寮で一体感醸成狙う

news05 ▲ 外観(ニュースリリースより転載)


三菱地所グループが、今年3月に社内のグループを超えた一体感の醸成と、特に若い社員同士の交流の活性化を狙って社員寮を開始しました。従来の福利厚生的な意味合いよりもこうした側面で独身寮を活用するのはとても興味深いです。

会社の中で「情報交換しよう!」「グループ間でもっと協力しよう!」と思っていても、号令のみに終わることは多々あること。会社間どころか、部署間の交流ですら難しいものです。

しかし、こういったプライベートで、仕事とは切り離された空間で交流できる家であれば、社員同士も自然と仲を深め、意図せぬ着想やプロジェクトに発展することはありそうですね。
※研修施設も併設されており、こちらが6月10日から開始されています。


news05_2 ▲ 独身寮/室内(ニュースリリースより転載)

news05_3 ▲ 研修施設/ホワイエ(山梨県産木材を一部利用 (ニュースリリースより転載)


関連する話題としては、サイバーエージェントが渋谷に男性エンジニア向けシェアハウスを開始したり、ガリバーインターナショナルの新卒を中心とする独身社員寮では、役員や統括マネージャーが毎月寮を訪れ、研修や座談会通じて、価値観の教育や成長するためのアドバイスをしたりと、面白い取り組みをされています。

持たざる経営の流れや、リーマン・ショックがあった頃に一斉に社員寮を手放した企業が多いですが、やはり「企業は人なり」。改めてその価値が見直されて来るのではないでしょうか。



【参考】

・三菱地所ニュースリリース(2013年6月10日)
グループ経営強化のため、グループ社員向けの独身寮・研修施設を開設 ~グループ社員の交流拠点、グループの環境基本方針を体現するモデルプロジェクトとして整備~
http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec130610_takanawa.pdf

・ガリバーインターナショナルフェイスブックページ
https://www.facebook.com/Gulliver.intl


この記事のポイント

寮の活用でグループの壁を超えた人材交流

比較的新しい企業でも社員寮・シェアハウスの取組がなされている

colishラボ編集部

コミュニティ型住まいを考える

”多種多様な楽しく豊かな暮らし方があるんだ”、”こうすれば楽しく豊かな暮らしができるんだ”と いうことを知っていただくことで、楽しく充実した毎日を送られる方が増えるのではないか・・・そんな想いをこめて、情報発信しています。

ブログ記事下ライン
コリッシュラボとは