トピックス

人と街を「食」でつなげる”スタイリオウィズ上池台” がオープン! お披露目会にご近所さん集う

2014/03/31

小原 憲太郎

styliowith

3月30日、東急電鉄がプロデュースするシェアハウス「スタイリオ ウィズ 上池台」のオープンに伴うお披露目会が開催されましたのでお邪魔してきました。
「スタイリオ ウィズ 上池台」のコンセプトは“人と街を「食」でつなげるシェアダイニング”というもの。
東急電鉄のような大手企業がコンセプト型のシェアハウスを手がけること自体にシェアハウス業界の変化が読み取れます。そして、今回のようなコンセプトをもうけ、「地域に開く」ことを念頭にプロデュースをされている先進性には大変驚きました。


お披露目マルシェの様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当日は朝からあいにくの強風と雨でしたが、訪ねてみると沢山の人たちが。私が伺ったのはイベントの中盤でしたが、既に100名を超える来場者がいらっしゃったそうで、実にその2,3割くらいがご近所の方。
おそらく、シェアハウスのお披露目会でこれだけ多くのご近所さんがいらっしゃることはなかったのではないでしょうか。ご近所にビラを配ったりもしたそうですが、こどもが「今日◯◯ちゃんちがこういうイベントに行くんだって」という会話がきっかけで訪れたご家族もいたとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA どどんと、イベリコ豚の生ハムが丸々一本。

StylioWith上池台

こちらはご近所の行列ができる人気焼き鳥屋「鳥安」さんのご主人から。他にも、地域のお米屋さんから仕入れたご飯も。どちらもとても美味しくいただきました。地域の人をうまく巻き込んで活躍の場が作られていることがとても素敵ですよね。きっと「あら、鳥安さんの焼き鳥だわ!」なんて会話が大人同士で交わされていたのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 新鮮野菜のマルシェ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しいワインを4種類飲み比べ。美味しいごはんには美味しいお酒、ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先生に教えてもらいながらしらすのピザ作りをするこどもたち。こどもたちが居ると自然とおとな同士の距離も近くなって会話が生まれます。こどもの力って地域づくりにものすごいパワーを発揮しますね。

StylioWith上池台_ワークショップスペース 広々としたワークスペース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロ仕様にも耐える大型の共用キッチンが装備されてます。入居者同士の日常の食生活だけではなく、周辺地域の方の住人の方にもクッキングスクールやレクチャーの場としても開放していくとのこと。導線にゆとりがあってたくさんの人が居てもゆとりが持てそうな作り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 個室の様子。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個室んは3つのカスタマイズプランが用意されています。選べる壁紙、自然素材を使った塗料での壁塗り、岡山県西粟倉の無垢材を使ったユカハリから好きなプランを選べるそうです。自分で手を掛けてつくり上げる空間には自然と愛着がわきますよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 壁塗りワークショップの様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロに教えてもらいながら親子で壁紙貼り体験。慣れた人なら一面1時間くらいではれちゃうそうです。ローラーでノリをグリグリするこどもたちが楽しそうでした。




地域のお店の方やご近所さんを巻き込んでいる様子をみて、「みんなで関わりあいながらつくり上げる」という姿勢とあたたかさを実感した一日でした。
建物もイベントも完成品を出して「どうぞ参加してください」という姿勢ではないのがいいですね。
一緒につくりあげていくからこそ住人にとっても、地域の人にとっても「自分たちのコミュニティ」になっていくんですね。

これからは地域の方や食に関心のある方に、この場所で小さな企画やイベントで利用してもらいたいとのこと。
そうして少しずつ場を育てていくそうです。

入居者同士はもちろん、街の人たちとも関わり合いながら暮らしたい方は是非訪れてみてください。

こうした「まちに開かれた地域の住コミュニティ」がまちづくりの在り方をどう変えるのか、とても楽しみです。


スタイリオウィズ上池台
http://stylio.jp/with/kamiikedai


この記事のポイント

関わりあえる余白を残して、地域のひとと一緒に作るコミュニティ

東急電鉄のプロデュースするコンセプト型シェアハウス第2弾は、地域の人を食を通じて巻き込む住み開きコミュニティ

小原 憲太郎

colish代表

大学時代に開発したSNSサービスで起業。その後IT企業に就職し、モバイルサービスの企画・新規事業企画を担当。2011年に独立し、コンセプト型シェアハウスのポータルサイト、colish (コリッシュ)http://colish.net を立ち上げる。これまでに、プログラミングを学び合うシェアハウス、英語と日本語を本気で学び合うシェアハウス『家中留学』インドネシア進出支援シェアハウスを立ち上げ、現在はコンセプト型シェアハウスのプロデュース、コンサルティングを行っている。

ブログ記事下ライン
コリッシュラボとは