トピックス

東急電鉄−シングルペアレント向け「子育て支援シェアハウス」を14年3月より代官山で開始

2013/12/08

小原 憲太郎

img_main 東急電鉄は、賃貸住宅事業の新たな取り組みとして初のシェアハウス事業を開始することを発表。第1弾は全国で140万あると言われるシングルペアレント世帯に向けたコンセプト型シェアハウスだ。2014年3月に代官山にて開業を計画している。


「こどものために。自分のために。そしてみんなのために。」

素敵なコンセプトが掲載されていたので一部抜粋してご紹介します。
「こどものために。自分のために。そしてみんなのために。」 子どもがいる人もいない人も入居者同士が支え合いながら「みんなで子育て」ができる環境づくり、そして、他人でありながら大家族のような環境で生活することにより、子どもたちの世界観が広がり、協調性や社会性が育まれる環境づくりを目指します。
子育てと仕事を両立させる、という共通の生活テーマを持った家族と、子育てを応援したい人が、1つ1つ小さなコミュニケーションを積み重ねることで、やがて自然と大家族のようなコミュニティになって、普通の賃貸生活では味わえない心の豊かさを育むことが出来ます。
子どもも大人も「育み」「育まれる」環境を創造する、ポジティブかつ新しいライフスタイル。
私達は、子育てを楽しく応援していきます。


物件概要(東急電鉄プレスリリースより転載)

1.建物概要
(1)所在 東京都渋谷区恵比寿西二丁目19番10号 ※東横線「代官山駅」徒歩2分
(2)構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上4階建
(3)用途・戸数 寄宿舎:21戸
(4)敷地面積 273.65㎡
(5)延床面積 539.99㎡
(6)間取り 1ルーム(10.45㎡~15.97㎡)
(7)共用施設 キッチン、ミニキッチン(※)、リビング、トイレ(※)、浴室(※)、洗面室(※)、洗濯室、屋上 ※2~4階の各階に設置
(8)家賃 未定

2.開業時期
2014年3月(予定) (※2014年1月よりモデルルーム(2部屋)オープン)
 
物件ホームページ
http://stylio.jp/daikanyama


livingDining

ヒトコト

コンセプト文章から、この場をどのように育てたいのかのイメージが伝わってきます。「子育てと仕事を両立させる」、「自然と大家族のようなコミュニティ」、「子どもも大人も「育み」「育まれる」」など、入居者がここをどのような場に育て上げていくのか、入居する前から子育てやお互いの関わるスタンスを感じ取りやすいキーワードが並べられています。価値観の違いがぶつかりやすいのが子育てなら、またその違いから学び合えるのも子育て。こどもも親も「他人だけど家族」。互いにそういった気持ちを持って支えあい、ともに楽しみ、豊かさを分け合えるシェアハウスとなったらとても素敵ですね。
来年3月の本格始動が楽しみです。



この記事のポイント

こどものために。自分のために。そしてみんなのために。

小原 憲太郎

colish代表

大学時代に開発したSNSサービスで起業。その後IT企業に就職し、モバイルサービスの企画・新規事業企画を担当。2011年に独立し、コンセプト型シェアハウスのポータルサイト、colish (コリッシュ)http://colish.net を立ち上げる。これまでに、プログラミングを学び合うシェアハウス、英語と日本語を本気で学び合うシェアハウス『家中留学』インドネシア進出支援シェアハウスを立ち上げ、現在はコンセプト型シェアハウスのプロデュース、コンサルティングを行っている。

ブログ記事下ライン
コリッシュラボとは