トピックス

ワイン愛好家のためのマンション「ワインアパートメント」本日誕生!鍵はプライベートソムリエ

2013/10/01

小原 憲太郎

エントランス

竣工前から不動産業界はもちろん、国内のワイン通や海外のメディアにも数多く取り上げられてきた、ワイン愛好家のためのコンセプトマンション「ワインアパートメント」(企画施工・貸主・管理:イノーヴ株式会社)。本日10月1日、渋谷からほど近い神泉に誕生しました。

昨日9月30日、メディアプレビューへ参加してきたのでその様子をお届けします。

※以前ワインアパートメントにかける想いや狙いなどを広報の奥澤さんにインタビュー取材しておりますので、こちらも合わせて御覧ください。
【前編】世界初!コミュニティが鍵となる ワイン愛好家のためのアパートメント


– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

エントランスホール。こちらにソファやバーカウンターをしつらえ、入居者の方とのつかのまの団欒を楽しめるようにとのこと。

▲エントランスホール。こちらにソファやバーカウンターをしつらえ、入居者の方と交流を楽しめるようにとのこと。


約100種のワイングラスがエントランスに。

▲約100種のワイングラスがエントランスに。


「もっと遊び心のあるマンションをつくりたい。いまの日本のマンションは真面目すぎる。ベースが同じで看板を取るとどこのマンションだかわからない。入居者がもっと楽しんで暮らせる場所を作りたい」
鈴木社長はこうした想いをもとに、様々なコンセプトマンションをてがかけるに至ったそうです。

イノーヴの鈴木社長

▲イノーヴの鈴木社長。鈴木社長も大のワイン好き


「マンション内におけるコミュニティは、目に見えない資産価値になると思います。アメリカにもマンションを視察に行ったのですが、毎週末パーティをやっているようなところも多いです。マンション内にコミュニティが育っている所では、なにかあったとしても早々に引っ越そう、といったことにはなりにくい」、と鈴木社長。

ワインアパートメントのプライベートソムリエのお二人

▲ワインアパートメントのプライベートソムリエのお二人


今回の取り組みにおいて、ワインカーブや、ウィークエンドワインカフェ、ソムリエ出張サービスなど充実したサービスを紹介した上で、鈴木社長も「ソムリエが一番大事」と話していました。「最終的に入居者のために思いを込めて『おもてなし』をできるのはソムリエ」だと。

また、総合監修であり国内屈指のソムリエである石田さんにお話を伺った所、このこだわりぬいたファシリティと空間をどう使うかが大事だと。プライベートソムリエが入居者からのリクエストに単純に応えるに終わるのではなく、料理を提案したり、飲む当日にグラスを提案してみたり、コンディショニングサービスをしたりと「お客様の懐に入り、一歩踏み込むこと」が大切と話してくれました。

ワイン愛好家のみなさんが、ここでどんなワインライフ送ることになるのか、大変楽しみです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

以下、設備や居室のご紹介。

1万本収納可能な地下ワインカーブ

▲1万本収納可能な地下ワインカーブ。水冷式のパイプを張り巡らせ、放射冷却で室内を冷やす。コンプレッサー型のものを使わないため、ワインが嫌う振動が無い。


P9306156

P9306195 ▲広々としたキッチン。3つ口コンロにオーブンもついています。
このキッチンが充実していることから、料理教室をひらく予定の入居者さんも居るのだそうです。

P9306162 ▲写真ではわかりにくいですが、ワイングラス用の棚が2段。居室用のワインセラーが置かれています。

P9306188


まだ居室に空きがあるようですので、ご興味ある方はお早めに♪

Wine Apartment (全18戸/家賃:239,000円~258,000円)
http://wineapartment.jp/


後記


コミュニティがある暮らしには愛着がわきますし、何より日常が楽しくなります。ワインアパートメントの成功の鍵をにぎるのは、この充実したワインファシリティや付帯サービスではなく、プライベートソムリエの存在にあると私も思いました。
また、今回ご紹介できませんでしたが、遠藤利三郎商店のオーナーや店長もこの場には参加されていました。石田さんもとても優秀でいいチームだった、と語っていた通り、社長やソムリエのみなさんで協力してこのワインアパートメントを作り上げてきた、という気持ちや熱意がとても伝わってきました。
今後のマンション業界にとっての新たな一石となり、今後は世界中からベンチマークされてくることになるでしょう。


この記事のポイント

プライベートソムリエのおもてなしで最高のワインライフとコミュニティを

小原 憲太郎

colish代表

大学時代に開発したSNSサービスで起業。その後IT企業に就職し、モバイルサービスの企画・新規事業企画を担当。2011年に独立し、コンセプト型シェアハウスのポータルサイト、colish (コリッシュ)http://colish.net を立ち上げる。これまでに、プログラミングを学び合うシェアハウス、英語と日本語を本気で学び合うシェアハウス『家中留学』インドネシア進出支援シェアハウスを立ち上げ、現在はコンセプト型シェアハウスのプロデュース、コンサルティングを行っている。

ブログ記事下ライン
コリッシュラボとは